女性の髭は抜くのがいいのか剃るのがいいのか

女性の髭は抜くのがいいのか剃るのがいいのか

現代社会では、女性が学校を卒業したら花嫁修業ではなくて会社に就職するか、就職浪人か、留学か、家を継ぐか、など、とにかく家にいてお料理を勉強したりしません。それは昔のお話か、よっぽどの家のお嬢様のお話です。

 

だから女性の髭は女性の社会進出の表れでもあります。その髭を抜くのも一般的な女性なら普通のことです。男性ならともかく、女性もそれが当たり前の時代になりました。それでも女性は鼻の下の髭を抜くのか剃るのかで試行錯誤している人がいると思うのです。

 

でもなぜ女性なのに社会進出しただけで男性のように髭が生え、それを抜くことになるのでしょうか?

 

それは、女性は男性並みに働き、同じように出世してストレス社会にもまれてくるようになり、段々女性ホルモンを必要としなくなってきたからかもしれません。身体の機能としては女性ホルモンがなくなると精神的に不安定になったりする更年期障害がありますよね。

 

でも、実際には髭が生えてくるという更年期障害とはまた別の形で顔に男性化が現れるようになりました。産毛がちょっと濃くなったかな?くらいならいいのですが、髭となると、抜くか剃るか永久脱毛しかありません。

 

でも、髭を処理するのに抜くのがお肌には一番危険だと知っていましたか?なぜなら、無理やり生えている毛を引っ張るわけですから、周りの細胞はこわれ、破れ、血が出る人もいるかもしれません。

 

そして、抜いた跡は、その分だけ赤くぽつぽつなったり、抗炎症作用のあるクリームを塗っても痒くなったりと、敏感肌へ移行してしまうかもしれませんよね。
だから、髭を処理するのに一番やってはいけないのは、実は毛抜きで抜くことです。お肌だけではなく、毛がなくなった毛穴は顔のお肌を守るために脂を分泌しだすそうですよ。

 

もともと乾燥肌だった人なら、脂が分泌されたらしっとりしてうれしい。バリア機能を果たしてくれると喜ぶかもしれませんが、普通肌のなら、ただ、てかってギトギト肌になるだけかもしれません。

 

それならパウダーで隠せるといいのですが、吹き出物になる可能性もありますので、是非毛抜き以外の髭処理方法を選択してくださいね。つまり、エステサロンか美容外科には時間的にも経済的にもいけないという人が髭をどうするのか?というのは、抜く以外=剃ることです。

 

剃るにしても、普通のカミソリではなく、顔のお肌に負担がかかりにくい電気シェーバーのフェリエをおすすめします。電気シェーバーなので、振動で産毛やひげを立たせて毛を切りますので、お肌へのダメージが最小限におさえられるのです。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?